C型肝炎ウイルス治療薬の薬理作用は?

C型肝炎はC型肝炎ウイルスに感染によっておこる肝臓の病気で、肝臓の細胞が壊され慢性化すると肝硬変や肝がんへ進行する。C型肝炎の治療としてインターフェロンや抗ウイルス薬による治療が中心となる。

HCVが増殖するためには肝臓の細胞に侵入した後、自身を複製するための遺伝情報を含むRNAというものを複製する必要があり。

RNAの複製にはRNAポリメラーゼという酵素が必要となる。RNAによりタンパク質が作られた後、このタンパク質がプロテアーゼという酵素によって形が変換されウイルスの材料となり新しいHCVが作られる。またこのようにHCVを複製に必要なRNAやタンパク質などを作るために形成される複合体のことをHCV複製複合体と呼ぶます。

本剤はHCVが増殖するために必要な酵素であるRNAポリメラーゼ又はプロテアーゼを阻害することにより抗ウイルス作用をあらわす。また、HCV複製複合体の阻害作用により抗ウイルス作用をあらわす薬剤もある。

本剤はHCVに対する作用によって主に以下に分けられる。 HCVのRNAポリメラーゼを阻害する薬剤[主な薬剤:リバビリン] HCVのプロテアーゼを阻害する薬剤[主な薬剤;テラプレビル、シメプレビル、アスナプレビルなど  HCV複製複合体を阻害する薬剤[主な薬剤:ダクラタスビルなど]

HCV複製に関わる非構造タンパク質5BのRNAポリメラーゼを阻害する薬剤[主な薬剤:ソホスブビルなど]

また本剤の中にはインターフェロン製剤との併用を前提とした薬剤もあります。