C型肝炎について

C型肝炎とはC型肝炎ウイルス(HCV)による急性の肝障害で、HCVが血流を介して肝臓に浸入し、そこで急激に増殖するため、リンパ球を中心とした免疫細胞が肝臓に炎症(肝炎)を起こします。肝炎になりますと、肝臓の細胞が壊れてしまい、肝臓の働きが悪くなります普通には、肝臓に必要な機能の3倍から4倍の能力があると言われていますが、これが肝臓の予備脳と呼ばれていて、重症化するまで自覚症状があれ割れないケースが多いです。
約30%の患者さんではHCVが自然に排除され、肝炎は治癒します。しかしHCVは“RNAウイルス”でその遺伝子は変異しやすいことが知られており、ヒトの免疫システムをすり抜け、約70%の患者さんではウイルスの持続感染(慢性化)がみられます。
特にC型肝炎は慢性化すると20~30年後に高率に肝硬変、肝がんへ移行することが知られているため注意が必要です。ただ、C型急性肝炎自体は重症化することが少なく、致命率の高い劇症肝炎となることは非常にまれです。
だから健康のために定期的な健康診断が必要です。

糖尿病料理について

糖尿病症状とは

小児気管支喘息について