20C型肝炎14.05.20

1人のリラックマに慣れていて多くのmの好きなメロディーがぼんやりと、一人で黙々と空間に感性の文字を見ているということを聞いた……

いつか靑が足りなくて、憂鬱、生活は蒼白、蒼白は無力だ.今日火曜日、1つの普通に1つの普通でない日.空が晴れて、漂ういくら瑠璃、雲のを眺めていてそれでは靑、まるで千年の哀愁刹那に散りゆく.

仕事の忙しい、生活の瑣事に困らない.歳月が静かで良い.夜、昔ながらの瀋.腕を枕にして携帯を握っている.実はとっくに疲れ果て、眠気が氾濫する.

でも、何か言いたいことがあるのは何ですか.今までのスタイルめちゃくちゃに白状してたのかな,
.

Pは自分が幼稚になって,C型肝炎、何か悪いことがある人はタルトが耳障りの話を聞いて、悲しいことがある.実は私はあれらの人が私が悲しい怒ることに値しないことを知っていて.

私は,自分は,自分には、このことを処理する能力を処理することができますかを疑いません.本当にある人の目の目と味を気にするべきでなくて、私は人民元、本当にすることができないですべて人にすべて好きではありません.今日は本当に借りて520で502君をその250の口にくっつく!

pは頭が痛くなって爆発する.人の関心はないものか.寝ている!