2016/05


が大きな海上昇から明月、ときに、無辺の満月が夜空高懸、黄昏の後の梢にそっと掛け曲がったところの新鮮な三日月、私たちの心はいつも微かに震えて.月は人を眷顧て、世の中は更に月を気にかけて.私が送っ愁心と明月、随くん夜郎まで西、杯をあげて明月を招いて、対影成三人は、月に漂っている人、心に満ちている月情、月と人に切って、月の心、人情、それと名月の心だろう.江誰が初出月?江さんは月何年初めに写真を撮りますかこのはるか遠くの問い掛け、代々伝わって、情には独鍾の“明月心を伝承しています」.

月は明るいです、やみ夜に明るいです;人は光を求める,より暗の中の光を渇望します.夜の帳のたびに包まれ、人々は闇に包まれた中は感じた時、見上げるあの空の光から、鈍感する.沧江遡帰、白壁見秋月.秋月照白壁皓雪など、山陰、夜の山々は黒山のように、この時は月のように真っ白な雪のように明るい、闇の抑圧された楽に明るいトン.

p>と<月は、暗い中の明るい;人が好きな純粋な、もっとあこがれ汚泥の中の純潔.黒雲が横転、曇り空が立ち迷う、雲のすきまには一筋の月が有余、人々も清らかな存在として心から喜んで喜んでいる.雪晴れる万裏の月が、九江春光風霽月追放した暗い冷ややかで、純粋な風光の春のような活力を、世界に比類のない快適.

月は人間の最高の仲間に頼って、それの付き添い、私たちはもう孤独で寂しくて、欲言無に振ると、杯を勧めて独りで寂しげな姿.夜の年月日、座って弾鳴琴.薄帷鉴明月、風吹く私襟.孤独で寂しさは、心の中で、月はいつもその優しさで無私ている.月は、そんなに上品な、そんなに恬淡で、それは俗っぽい吹き込んでエレガントな風,それにせわしくを慰めの雨.脆弱な心はそれを受け入れて上品なのどかななぐさめの慰めを受け入れます.

月は静かな、静かな清光浸潤、万物安閑落ち着いて、心が淡々と調和;月もまた流れだった、星垂平野闊、月が大江流波に波打つ千裏は、何処に春江無月明は、人間の動きが月のように背景には生気気が晴れない.

p月は人の心が揺らめい、人は月情に満ちている.月のすばらしい人は衝動的にハグたくて、“倶はTV、靑天、靑天の明月を懇請して明月を懇請して、欲して明月して明月を懇請して、欲して明月して明月を懇請して,C型肝炎、欲して明月して明月を懇請して、欲して明月を懇請して明月を」.美しい思し召し、親切していつも伴っ孤独、孤独な孤独な孤独を、美しいのではなく、海上生明月、天涯共此時の景色も長生きを願って、千裏共に嬋娟の祝福を申し上げます、中はいつも寂しい気持ちと融合した想いの憂鬱.だから、ぼんやりした月影は埋める殘念なキャリヤーと、この軽柔の舞榭歌台に演出感動のすばらしい楽章、砂の上を鳥池上暗い雲破月やって、花の影.峨眉山ハーフムーンラウンド秋、影に平羌江流れ.まぼろしの月影は本当に心の中の心に溶けてしまいました.

☟精力剤