2016/04


私は1つの農家の子弟で、中学校に入って、放送と縁が切れて、私の夢想も声によって起きます.あるアナウンス司会をするが、現実は殘酷、学歴が最終的に破滅してしまったからだ.

小さい時、家はすべて1匹の放送があって、壁に掛かっています.実際には、スピーカー、スピーカー、つまり有線ラジオ放送.子供の頃の私、始めに放送を始めた時、すべて好奇心があって、いつも分からないで、この話の人はどのようにくぐるていった、状況はまたどのように盛に入れますか?子供のころの考え方は今からして、どんなにおかしかって、しかしまた面白くて.

月日がたつのは早い、二鼠藤を噛む、私はだんだん成長して、中学校では.一度は、まだ家にラジオ放送の時間が、聞いた家屋の中からからはラジオの音が、これは多くの誘惑!私はこの誘惑には耐えられない、歩いていった.中は四角形の箱だ、音はそこから出した声だ.よく見ると電線が見つからない.当時は、そのまわりにたくさんの人が座って、沒頭ているように聞いているみたいだ.終わりまでやっと知っていては刘兰芳スタジオの講談《楊の家.でも、もっとわからない、面白いと思って.その後、一日後には天地を聞いて、それは嗜癖,.毎日その時、聞いて、聞いて.それで、うちも1つのこの箱を買うことができるのはどんなに良いことだろうと思った.このような箱はラジオ、有線放送よりも高!

私はまもなく、私は父も、1台を買って行く、この望みはついに実現しました.当時、こんな1台のラジオを持って、かなりいいですね!立派な家具と言えば、お金が少なくないはずだ.当時、ある村ではラジオはたくさんではありません.私の生活はこれから1つの広い天地に入って,C型肝炎、私は1つの豊富な世界に入って、私はたくさんの本が上に得られないことをたくさん知っていました.私はどのくらい楽しみ、ここの世界は私を忘れることをさせます.ここからは漫才、コメディ、ニュース、ラジオドラマ、小説、音楽.

これはラジオなので、私の勉強も大騒ぎが発生して、文科は抜群の、でも、理科はめちゃくちゃになっている.

私は,高校に行って、私は高校で勉強して、同時に勉強して、同時に任務は更に困難になって、時間も行って聞いて、1週間に一回享受することができて、また日曜日.家に帰ったら、ラジオをつけたり、本を読んだり聞いたりして、とても満足してます!

によっては、後に高い学期学校に入学後、1週間後には、いくつかの事が発生しました……学校を出て、社会の道を踏みました.

私は仕事に参加してから、私はラジオに対しても見入って、私の生活は依然としてそのものを離れません.また1台の小型のラジオ、このように更に便利で、身の回りに携帯して.その後ラジオは携帯電話に挿入され、便利になりました.今も昔から.

私にとって、このような魔力の中で私の脳裏には、私の勉強に興味を育成、知識の海では、私の勉強には,私の勉強には、私の勉強、興味、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強.あなたは私に付き添って、いくつの春秋、私はいくつかの眠れない夜、私に付き添って



p>私<,
;で見てあなたの魂の奥から波を巻き起こして、甚だしきに至っては呑み込んでの雄大.

君の無尽蔵力、

は何の力も励起し、

は何も励起しない君はどんな心の鼓動があるの?君は何かに紅塵ている紅塵の中で再び過ぎ去るの靑春に憐れみ靑春靑春.まだ覚えているかな?

そのひとつの薄い雪が空いっぱいに舞い降りる季節、天災の奥に浮かぶ孤雁を流したちょい跡.
あの一音一音時に心肺の叫びは、長いまま山村母屋の荒涼とした滕野.この心には言もない季節にそっとモンテれてた!
私が見えてきた姿は雪が舞い散る、荒涼の真夜中にあふれ,
空から雪のようにしてあなたのこの打ち震えて、冷たい顔に,
凍えてるあなたの目、あなたの見えない道、
しか知らない一面潆遠くしたけ.

君の2行の絶望は泉水の涙が泉のように目じりから湧いて,C型肝炎、足元から見ると、厚い雪のような雪が.これはどんな1種の心の中で、あなたの足跡は私の悲劇を繰り返すようです.忘れてはならない、昔の日はもう二度とやりなおしない、希望はまだ!



花、葉枯れ葉栄歩いて1分1秒、歩いた日々、無邪気な子供の成長をしてからの少女は、この道で泣いた、笑った、私達をたくさんもらいました、たくさんの失った、よくあれらの失った、私たちは非常に懐かしい.

覚えていて、子供の時、父と母は私たちを背負って、あの感じ、今すでに時はっきりしないが、そうではまだはっきり覚えている、思い出して、はのように美しい、そんな暖かくて,たとえ、後になって,お母さんは背私は、高い1の冬休みの時、私はまた犯胃病、母は私を背負って、当時は非常に不快を感じることができて、依然として背負われて幸せで、懐かしい、懐かしい.

花季の私、総愛幻想、総愛に憧れて、常に未来に身を置く,C型肝炎、その儚げな未来も、もちろん、幻想、次、私のあの人を背負って、一体誰がいつ、彼は私を背負って、彼を、どんな方式で私を背負って、私はどこを歩いている.もしかしたら、砂浜、振り返って、殘、思い思いの足跡;あるいは、他のある場所で、彼は私を背に、彼は私には、幸福、その喜びを感じて、私は、彼は私を感じている.

は、このような環境で、徐々に成長して、1つの懐かしさ、あこがれ、その未知の遠くへと向かっている,
.



夏の白蓮はとても美しく、とても美しいです.出る汚泥を染めない,清涟濯は悪魔、透明の花びらのようなヤママユ嗄水晶、シルクのように.そよ風の吹く風、吹き飛ばすの姿を吹き飛ばすて、私の心を乱して……

もしあなたは白蓮

は、私は必ずあなたが蓮池の汚泥.もしもあなたは白蓮は、私は必ずあなたのために蓮の葉がみずみずしい.もしもあなたは白蓮は、私は必ずあなたを魚の細かい石.あなたの聞かない世俗は白蓮の水晶は塵を受けず;あなたの乱脈は白蓮の孤高自赏;あなたが襲っ白シャツは白蓮のほっそりしている.風雲のような官界の官吏になる道を、あなたは高力士脱ブーツ楊貴妃をインク、驚嘆.紅塵の乱世の中で、寧舎富貴繁華片時清宁だけを然,.

<p」长风破浪時、しきりに雲帆の済滄海をかけもの悲しい中の希望はあなたに飛流直下三千尺、疑われる銀河が9日浪漫の中の文才に舞い上がって名月を見上げ、うつむき故郷望郷あふれだす辛酸用心頭.<> Pは世俗の者には誰があなたと匹敵することができて,C型肝炎、無人のは及び.また、あなたに聞く文才にあなたのロマンチックな、あなたの豪快な刮目して之を視るなけれ.李白、花の君子、夏の白蓮、心に深く心を深くする.

李白、字太白、号青莲居士.白衫を襲とゆらり.诗仙はも.

 

☟女性不感症



女性媚薬と言えば、催淫剤・発情剤と同じような催淫効果のイメージが強いです。

女性の性交痛、不感症、セックスレスにも効果の高い媚薬もあります。を解決できます。一番効果の高い媚薬は絶対高潮というカプセル媚薬だと言われています。

近年、日本で、パートナーとセックスをより楽しむためにさまざまな女性媚薬・催淫剤・発情剤を使用し始めます。主に媚薬の購入、女性媚薬・催淫剤・発情剤を使ってみたいという男性も年々増えてきます。

女性の性的な興奮を引き起こすためには、一般的に、飲み物などに混合して飲むタイプ(液体と粉薬の女性媚薬)の方がいいと思います 。自分に一番効果の高い媚薬を購入すれば何よりです。

より女性のオーガズムならば、飲むタイプ正規品媚薬ではなく、直接性器に塗る媚薬ジェルやクリームがいいと思います。

女性器に直接塗るので、 潤滑剤としての役割と性的興奮を高めるの効果がで期待できます。


         

引用される文章はこちらへ:



P気持ちが低落て

気持ちが低落

なんでもしたくない

は何もしたくありませんpは個人的に静かなぼんやりと思っていた

は自分の人生を考えている

は考えているPは迷いが良いと思います

は社会は自分が好きなことをすることができることは生活が私にとても多くてしようがないことをもたらします私は世界を目にして,非常に疲れている

目を見て,C型肝炎、世界を見てこの世界で私は退屈な感じがして

を読んでこれはどんな世界がどんな人情

ではありませんか?これは年齢のわれわれ

と<P>です幻想的にはこれが大人になるという幻想が多すぎて、それが成長の結果となるかもしれない,
.Pは大きくなった

は多くの

を失ったP時間は前を向いている人は続く

私はこの世界の知らない

を引き続き感じて、この世界の見知らぬ

を感じていたすべてが一瞬で変わってしまったみたいだな私が前に知り合ったのではないですが,<P>は私の前に知っていません私は私が世界に相容れないになっているのかもしれないと私はこの世界に相容れない

になって私はいくつか事が忽然私に自分の良い失败

を感じさせますこんな深刻なショックは私がわかります:どんな事も私が思っているほど簡単

ではありませんすべての問題に直面するのが怖くて、

は恐れることを恐れているPはこれからもたくさんの

を作っているからどうしてか小さな失败は自分に自信がないからな私はこの様子ではありません.生活は剥ぎ、いつもあなたは涙を流すことがあると言われている人がいる…

Pって、玉ねぎを剥ぎば楽じゃないかな?

を見て

見て……



時間は滯在、命は進むことしかできない.道は茨の道が、降り注ぐサンズ.今の人の道は依然として、あなたは山の小道、または6車線高速、それぞれの人の目的地はすべて、あなたは今目の前のすべての変化を享受する必要がある,
.たとえ高速楽しめる遠くまで気迫に満ちている自然記号が、山野のさらさらと渓流や香りの野の花はかまう暇がない.

荘子は我が生も果て、お知らせも果てしないに見える人の命より世の道はどの方角になり.しかし今立って歳月の交際して、私はますます感じるの短い人生と悲しきかな!逃げて、仕方がない.光は指先に舞う、形のない歳月彫刻して徐々に形の顔かたち、荒れ果ての靑春靑春、しばしば嵐が席巻し,心の底から滲出一抹のように悲しみ,C型肝炎、恐怖の感情を.

この時私は笑って、笑って、私の靑春最年少で世間を知らない;笑私からの鏡で身は一つ無顾怜,笑って私の靑春の無為、笑った空き涙の2行.人生はお茶のような、いつ来冲荡沸騰、沸騰後侧静まって、これはずっと変わらない.実行の方にお知らせを経て世の中の道から出て、靑春の迷路は彼の生命正道.

Pは人生の道、魂は強い、すべてのいらだたしい、悔しさ、結局穏やかではない.

心を静めて

则安之、安然は泰然とし、上調子にかくす然行、初歩の公于默然.

今は江湖に忘れて.



普通は、媚薬などは種々の種類もある、それによって効果も異なる。

女性の更にセクシーな明らかに示すフェロモン分泌ものや、男性の精力を強めてより逞しくさせるもの、男女を敏感にさせるものです 。

媚薬の分類からみて、男性用、女性用、男女兼用(男性も女性も使うことができるもの)があり、

ハーブ、パウダー、リキッド、スマートフード、ドリンク、錠剤などの服用タイプ、クリーム、スプレーなど皮膚に直接使用ものなどもあります。

その中にハープタイプ媚薬はリラックスの効果、心の中の落ち着いている相手の信頼感は増加します。自然な高揚は思って心許しやすくて、ぼんやりしていましたの。

感度は高まります。種類の豊かに好きな香りは選択の楽しみもある。媚薬の初心者も使いやすいです。

 

引用される文章はこちらへ:



今の私は、すでに気づき、

ということは,もう、

ということで、<これは私のために設けられた世界ではありません!

私は、私には、友情は、私の友情は、私の友情は、私は、

は、私の友情は、私は、私の友情は、私は、私の友情は、私こんな心は寂しくない?

Pは既存の希望はとっくに失って、

は個別の友伴共杯をしかし劣悪な気持ちしかない瞬間で回、

は纵饮熱狂の魂を奮起して、

心ですね,悲しみも孤独……

私は私に忠実な友達、

を下さい私は元の靑春の靑春と愛情を返して、

を返して下さいP、夜中の付き合いと退屈と,C型肝炎、

を避けてその時の喜びはただ名ばかり、

というのはP心の君は!もしかしてあなたは私の希望を進めると、すべて?

君のえくぼも魅力を失ってしまって,
.

私の心は寒さに満ちているのはなぜですか.

P始めはそんなに美しくて、

結果は、こんなに苦しい……

私は1つのロマンチックなスタートを知っていても愛にイコールではありません……

私はこれからお別れを願います

も惜しまない、逃げるこの熙攘の世界、

pは憎悪ではない、ただ避けたい……

あなたは私の目の中の1滴の涙、

はあなたは私の目の中の1滴の涙、

です私はいつも泣かない、<P>ではありません、

私はあなたを失うことを恐れて!

しかし私たちは本当にそうだったら、別れることは美しい1つの美しい1つにすぎない!



p>と<,
;かつて私達はすべてとても美しくて

今はそんなにの気に入らない

かつて自分がとても強い

今のような状態に1匹のアリが

かつて私達のか知らないが、悩み

今はあまりにも多くの苦しみを背負って

かつて我々は馬鹿には無敵

今はカマキリ

よりまであんなにずくなしの大だくみ
かつて私達は現実の主役と思って
今さえない脇役もときに
かつて我々はそんなにの誇り
今やっと知っていて
それは過去に属して
埋葬消える日に
すべての栄光と華麗になっ目を渡る鳥
私たちは人を笑うの無能

はもろくも想像できない
私たちに何か自慢のね
あんなに卑しい
卑しいような雲の一滴
無重量
私たち生きている自分の設定の世界に
自分をだましている自分で自分を慰めて
自分

現実の牢屋は私達はまた稼げるなくて

逃げない

理想と現実と現実に彷徨う

現実と理想の中で

現実と理想にもがく

この巨大落差

が形成されている

という巨大な落差がある

私たちは、私たちは、私たちは,私たちは、私たちは,C型肝炎、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは,私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、私たちは、私たちが、私たちは、

――たとえば泓