15年第1回雪、C型肝炎北京

これは冬、暴れだすと不安に満ちていて、希望に満ちていて欲しい.北京の雪,私は長い間、すでに期待していて、すでに終わりました.仕事の余はいつも窓の外を見て、この北方大地の特有の心地よを享受していて.本に興味がある何書く文語華文、恨んで自分を知るだけ文が少ないし、殘りかす碎语書くしかない.

なんかに、ふと近所流浪のあの老猫だけ、それはなんと比,.行動がのろい、毛の色は少し光沢がない.たまにゴミ箱翻食、たまには壁の上の下落、すでに失っ比だ高贵萌寵、かわいそうなホームレスになった.

北京に来て初めてこの品種、家のペルシア猫が生きているというのは本当に潤している.も知らないノラ猫今何をして、次の食事はどこでかんな食も、隅の中で庸怠け者の睡眠は、止まって塀の上部分のうっとりと幻想どこへ行っても.猫は最も思想の動物を知って、ロマンチックで、すなわち,眠ってもすべてのものを.

左向きの日、まばらな雪が降っていた.通行人を包むの棉服いつも油光可鉴,C型肝炎、乗用車の中の坊ちゃん、後ろのさんが、地下鉄の駅のホームレスをくわえ、騒がしいの無知な少年.私は波にごろつく、すすり泣くの歳月.