C型肝炎の伝播道の紹介

C型肝炎は全世界性に流行で、肝臓慢性炎症、壊死と繊維化を引き起こすことができる。ある患者は肝硬変や肝細胞のがんになることができる。 さらに恐ろしいものはC型肝炎が同様できわめて強い伝染性を持っている。

性交

HCVの感染者と性交してあるいは性を乱して行為者はHCVに感染する危険性は比較的高い。 同時に他の性交で感染できる病気を持っていた患者は特にHIV(HIV)者に感染してHCVに感染する危険性がさらに高いことである。

母子

C型肝炎陽性の母親はHCVを新生児に感染できる危険性が2%とする。もし、母親は分娩にいるときにC型肝炎核酸(HCVRNA)が陽性になると、感染する危険性はおよそ4%~7%に達することができる。 HIVを合併して感染する時は、感染する危険性は20%を増る。 HCVのウィルスの高く複製は伝播の危険性を増やすことができるかもしれない。

血液

つまり、血液製品と輸血することによって発生することができる。HCVの抗体は一定の窓口時期がある。(ウイルス感染からは抗体を検出まで一定の時間がある。)C型肝炎の抗体試薬の品質が安定しなくて少数の感染者はHCV抗体を生じなくて、今なおHCVの陽性者を完全にふるい出すことがでない。 そのため、大量に輸血することと血液製品はC型肝炎に感染することができることが依然としてある。

4、破損した皮膚と粘膜

1回限りの注射器と注射針でないことを使用して、まだ厳格に消毒した歯科用機械器具、内の鏡、侵入襲撃性操作と鍼療法などを利用しても皮膚伝播の重要なアプローチである。 なお、おそらく皮膚を破損させて血液暴露された伝統的医療方法はHCVの伝播と関係がある。 あと、シェイバーや歯ブラシ共用し、刺青などがHCVの潜在の伝え方式である。

でも接吻、抱擁、くしゃみ、咳、食べ物、飲み水、一緒に食器とコップを使うことなどの無皮膚破損と他の無血液暴露されたコンタクトは一般的にHCVを伝えない。