窓のC型肝炎そばには夜来の香りがする

炎炎夏、蚊はまた凶暴になって、よく人々が休むことができないことをわずらわさしている.蚊が“生き牛の目を抜く」を見ないで、それらを怖がる植物の味.窓の辺や、角などに植物を入れて、蚊が敬遠されていて,
.

Pは特殊なにおいの植物も虫の作用があり、普通に人体に無害であり、よくあるハッカ、ヨモギ、夜来、フェンネルなど、窓の辺、戸口にも併効果がある.もし家でアレルギーを起こしやすい人、またはいくつかの草花は買えない以上、ミカンの皮、オレンジの皮、シソの葉などに置いて干し、ガーゼや糸襪で、ひもで係でいい、掛かって家に入れや壁の隅で、窓際で蚊を追い払う.

Pは、この植物の香りが特殊な、という人には、頭痛、めまい、吐き気、肌のかゆみなど不快感があり、お勧めの前に適応することができるとアドバイスします.