杜仲杜仲のC型肝炎効果を服用して個人の体質梅酒をつくる

杜仲といえば、わが国の歴史をさかのぼる2000年以上前に、一番早く1部医学図書《神農本草経』に記述がある杜仲の味辛平、主は腰のひざが痛くて、補う中に益も堅骨、久しく従って身軽に耐老.李時珍の有名な《本草綱目》が杜仲の甘温能補、マイクロ辛能润ので、肝臓の腎臓にしてと述べ!

現代、世界各国が杜仲研究ブームを巻き起こす.アメリカハーバード大学胡秀英教授は何度も科学実験発見:杜仲ッター含クロロゲン酸、フラボノイド、木の脂の素、α-リノレン酸、多種のアミノ酸、ビタミンなどの有効成分が、クロロゲン酸を調整できる血圧、消炎、修復損傷、α-リノレン酸に調節コレステロールのとても良い作用があって、(フラボノイド)超のクェルセチン糖分を減らす効果.

杜仲梅酒をつくるに薬物によっては違う性能、進むことに補う者補血、滋陰、温阳、益の息の違い.治療者は痰を取り除き、燥湿、理气、血行をよくすること、消積の区別ができないので、一概に用の.虚者宜補って、血瘀者宜通;寒者宜温、熱い者は宜清 .まして、1種の薬用酒、適応範囲は見えないし、薬酒.たとえ補完性も多く服は薬用酒、好みの弱い人を含む人参の補酒た服、胸腹部膨満つまらなくて、不思議に食;もし貧血状態の患者をくわえた服は杜仲梅酒をつくるを引き起こすことができることを発熱、いらいらして、甚だしきに至っては現れて鼻血(つまり鼻出血)などの症状.だから、病気により選択薬酒で、具合がよい.

陽暑いような体質の人慎服の熱の薬用酒、C型肝炎、曇って冷たい体質に合わないで涼性の薬酒.選択薬酒に応じて自分の体質が決定し、あらかじめ医師とコミュニケーションを持ち、自分の体質、対症飲用薬酒.凡そ服用薬酒あるいは飲む酒、人に耐久力がなく、合理的で、適宜、多飲滥服を避けるために、めまい、嘔吐、動悸などの不良反応.

薬用酒、結合薬とお酒の効果により、その効果が著しく、一方、もし服用して適当でなくて、副作用も大きくなる.