夜道は歩きやすいのC型肝炎で自分は自分を信じて

一人の寂しさの道一人で夜の道は歩きにくい私知って自分でどのように行くかもしれない明日も私も慣れていたのもこのようなこれは私の道をそれは自分で選んだ道の夜一人でいいとても歩きにくい知りたくない私分かりたくない私も知りたくない彼らのことはどう思って行きたくないたいと思いたくない自分も疲れた疲れた夜の道は一人の孤独な自分なりの楽しみと目を閉じて扉閉め享世界私を与える静かな静かな眠った何も考えずに寝てしまった口元を持っている独特の微笑ほほほ笑、C型肝炎、うかほほほ喜んでいい私をよく僕の邪魔しないで私を静かに私にきり私自分は静かに寝て眠くなりましたあなたを考えずに私の心をどう思っている何の経典の事私はもう忘れた私はとても良いあなたもいいほっといてどのように手配する自分私は泣かない考えませんかつて一緒に楽しいあれらの最初の美しい私はすでにすべてのは自分があれらの嬉しい嬉しくない私がすべて忘れた

夜道は便利一人考え事一人が分かりいいほっといて言わないで何がわかりません.私も知りたくないし私も自分を信じて非常に静かな夜に私は自分を旅人は1人の旅人へへバイバイ· · & middot;;;