ラC型肝炎ジオ

私は1つの農家の子弟で、中学校に入って、放送と縁が切れて、私の夢想も声によって起きます.あるアナウンス司会をするが、現実は殘酷、学歴が最終的に破滅してしまったからだ.

小さい時、家はすべて1匹の放送があって、壁に掛かっています.実際には、スピーカー、スピーカー、つまり有線ラジオ放送.子供の頃の私、始めに放送を始めた時、すべて好奇心があって、いつも分からないで、この話の人はどのようにくぐるていった、状況はまたどのように盛に入れますか?子供のころの考え方は今からして、どんなにおかしかって、しかしまた面白くて.

月日がたつのは早い、二鼠藤を噛む、私はだんだん成長して、中学校では.一度は、まだ家にラジオ放送の時間が、聞いた家屋の中からからはラジオの音が、これは多くの誘惑!私はこの誘惑には耐えられない、歩いていった.中は四角形の箱だ、音はそこから出した声だ.よく見ると電線が見つからない.当時は、そのまわりにたくさんの人が座って、沒頭ているように聞いているみたいだ.終わりまでやっと知っていては刘兰芳スタジオの講談《楊の家.でも、もっとわからない、面白いと思って.その後、一日後には天地を聞いて、それは嗜癖,.毎日その時、聞いて、聞いて.それで、うちも1つのこの箱を買うことができるのはどんなに良いことだろうと思った.このような箱はラジオ、有線放送よりも高!

私はまもなく、私は父も、1台を買って行く、この望みはついに実現しました.当時、こんな1台のラジオを持って、かなりいいですね!立派な家具と言えば、お金が少なくないはずだ.当時、ある村ではラジオはたくさんではありません.私の生活はこれから1つの広い天地に入って,C型肝炎、私は1つの豊富な世界に入って、私はたくさんの本が上に得られないことをたくさん知っていました.私はどのくらい楽しみ、ここの世界は私を忘れることをさせます.ここからは漫才、コメディ、ニュース、ラジオドラマ、小説、音楽.

これはラジオなので、私の勉強も大騒ぎが発生して、文科は抜群の、でも、理科はめちゃくちゃになっている.

私は,高校に行って、私は高校で勉強して、同時に勉強して、同時に任務は更に困難になって、時間も行って聞いて、1週間に一回享受することができて、また日曜日.家に帰ったら、ラジオをつけたり、本を読んだり聞いたりして、とても満足してます!

によっては、後に高い学期学校に入学後、1週間後には、いくつかの事が発生しました……学校を出て、社会の道を踏みました.

私は仕事に参加してから、私はラジオに対しても見入って、私の生活は依然としてそのものを離れません.また1台の小型のラジオ、このように更に便利で、身の回りに携帯して.その後ラジオは携帯電話に挿入され、便利になりました.今も昔から.

私にとって、このような魔力の中で私の脳裏には、私の勉強に興味を育成、知識の海では、私の勉強には,私の勉強には、私の勉強、興味、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強、私の勉強.あなたは私に付き添って、いくつの春秋、私はいくつかの眠れない夜、私に付き添って