C型肝炎とはC型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。肝臓は体に必要なタンパク質や栄養分の生成や貯蔵、不要となった老廃物や薬物の解毒など生きていく上で必要不可欠な機能をもっています。ここでC型肝炎の感染予防、感染経路及び症状を紹介いたします。 

C型肝炎の症状について

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ予備能力が高く、自覚症状がないまま病気が進むことがあり、C型肝炎ウイルスの感染がわかれば症状がなくても検査や治療を検討する必要があります。慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者の75%がC型肝炎の感染者であり、年間3万人が肝がんにより亡くなっているため、C型肝炎についての正しい情報を多くの方に知っていただくことが大切です。

肝臓は「沈黙の臓器」とか「忍耐の臓器」などと言われますが、C型肝炎も慢性肝炎の段階ではほとんどの場合自覚症状がありません。また、自覚症状と言っても何となく体がだるいとか、疲れやすいとか、食欲がわかないといったあいまいな症状のことが多いのです。肝硬変に進行したり、肝癌ができても症状がでない患者さんもたくさんおられますので、特に自覚症状がないから大丈夫だろうと自己判断するのは危険です。

健康診断などの機会にできるだけきちんと検査をしていくことが重要で、血液検査を受けて初めてC型肝炎にかかっていることが判明したり、すでに肝硬変になってしまっていることがわかったりするケースも多々あるのです。慢性肝炎が肝硬変まで進行してしまいますと、手掌紅斑「しゅしょうこうはん」と言って手のひらが赤くなってきたり、黄疸が出現したり、むくみが出やすくなったり、腹水がたまって妊婦さんのようにお腹が膨らんできたり、さらに鼻血など出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなったりする症状がみられることがあります。また、肝癌を合併しても初期はほとんど無症状のことが多く、癌が進行すると腹痛や発熱、黄疸がみられるようになります。

感染経路について
C型肝炎ウイルスは感染者の血液を介して感染します。しかしほぼ半数の方の感染源は不明のままです。過去の輸血や血液製剤の投与、臓器移植、適切な消毒をしない器具を使っての医療行為、民間療法、刺青、ピアスの穴あけ、麻薬、覚せい剤の回し打ち、感染者との剃刀や歯ブラシの共用などで感染の可能性があります。血液製剤が原因となった例の一部には、特定フィブリノゲン製剤あるいは特定血液凝固第Ⅸ因子製剤によるC型肝炎「いわゆる薬害肝炎」としてC型肝炎訴訟和解に至ったものもあります。またごくまれですが出産や性交渉の際にも感染の可能性があるといわれています。ですが、常識的な社会生活のうえで、他人の血液に直接触れることが無ければ、家庭や集団生活での感染のおそれはまずありません。握手や抱擁、食器の共用や入浴での感染はありません。C型肝炎感染を理由に区別されるなどの不利益があってはいけません。

C型肝炎ウイルスは血液を介して感染し、2から14週間の潜伏期間を経て急性肝炎を起こすことがありますが、急性肝炎を起こすことは比較的稀です。多くは不顕性感染ですが、80%の症例が慢性化すると言われています。慢性肝炎は約20年の経過で約40%の患者さんが肝硬変に進行し、さらに肝硬変の患者さんにおいて年率約7%の頻度で肝癌が合併すると言われています。また、肝硬変は食道静脈瘤を合併することも多く、破裂すると致死的なこともあります。肝硬変や肝癌が末期状態に進行しますと肝不全状態となり、黄疸や腹水貯留、意識障害が進行していきます。

C型肝炎の予防について
C型肝炎の予防については、B型肝炎はワクチンを打っていただくことがいいと思いますが、残念ながら、C型肝炎にはワクチンはありません。他人の血液に触れないということが最大の予防です。肝炎の方は、自分の血は自分で処理をしていただいて、傷など血が付きそうなところは覆っていただきたいと思います。

C型肝炎は、一般的には感染を起こしてしばらくしてから肝炎が進んできます。何もしないと、だいたい20から30年ぐらいで肝硬変になると言われています。最初のうちはゆっくり進行しますが、線維化が進んでくると急激に進行すると言われています。C型肝炎は、症状がほとんどないために、感染に気付かれないというのが一番の問題で、知らない間に肝炎が進んでいってしまって、肝硬変、肝臓癌になって症状が出てから分かるという方が今でも大勢いらっしゃいます。

ですから、今、いくつかの健診で肝炎の検査が実施されておりますので、そういった健診を利用して、肝炎であるかどうかを調べて、肝炎であることが分かったら、定期的な検査を受けて、必要があれば継続的な治療を受けていただきたいと思います。

オススメ情報サイト

一番有名なペニス増大のためのサプリメントは、シトルリンだと考えられます。私も買って摂取しています。シトルリンの機能としては、男性ホルモン(分泌量が不足しているのであれば、ペニス増大サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)の一つであるアルギニンの分泌を促す働きがある沿うで、シアリスペニスのサイズアップにつながるようです。
もし不安があるなら、医師に薬剤の服用履歴を診てもらい、使いたい媚薬が心臓病を誘発する可能性がないか確認する必要があるでしょう。
それ以外でも、媚薬の服用で苦痛が生じたときや服用に不安を感じているなら、ためらわず病院にいくことが大切です。
ストレスを溜める原因はたくさんあります。例えば、仕事上のストレス、セックスへのプレッシャー、過去の失敗体験、性的なコンプレックスなどです。ストレスによる勃起不全は奥様の理解があれば解消可能なものも少なくないです。勃起不全の患者は、まず、自分を諦めず、積極的に勃起不全の治療対策を採用してみましょう!当サイトは勃起促進剤を提供しています。レビトラ少しでも興味があるなら、ぜひ試してください!
ただ、人間関係などの慢性的なストレスは簡単に解消できるものではないと思いますが、「何とかしないと」と考えすぎるのは逆精力剤効果になるので、まずは運動や趣味などストレスを気軽に発散する方法を考えるといいでしょう。